長崎県に住む看護師経験7年の井手口浅子さんの実態|働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】

:の紹介ページ


井手口浅子さんの勤務先について

井手口浅子さんが働く「長崎小児科医院」

小児科のみの医療機関です。お子さまの病気は突発的な物が多く、さらには、症状を上手に伝えることができないという難しさを抱えており、それをいかに正確に把握するかが、大事な部分だと感じています。

常勤(日勤のみ)を選んで良かったところ

夜勤なしの形態を選びました。というのも、子どもがまだ小さいから。夫婦だけの時には、主人にも協力してもらい、夜勤をこなしていましたが、子どもがいる状況ではさすがに無理ですね。日勤だけなら、保育園を利用し、普通にお仕事できています。

常勤(日勤のみ)の懸念点

夜勤の方が、生活リズム的には楽だったかな~と感じるところです。夜勤明けのお休みシフトは、やはり嬉しかったので。休息だけでなく、お買い物など、いろいろ使えましたから……。

職場の雰囲気

小児科なので、みなさん柔らかい笑顔のスタッフばかりですね。

井手口浅子さんが思う、来てほしい人材

お子さまの場合、自己主張の出来ない場合もよく発生します。そのような時に、気持ちを読める、汲み取れる看護師であることを望みます。

井手口浅子さんの看護師歴に関して

看護師をはじめるまで

苦手な子どものタイプもいました。正直……。

7年の経験で培ったもの

どのお子さんも可愛いと感じる心でしょうか。今となっては、やんちゃな子でも可愛いものですよ!

最近のやりがい

お子さんに流行りのマンガやキャラクターを学ぶ(?)ことです。

今後の未来像

近い将来、小児科医院の構成も考えられるスタッフになりたいです。

7年の経験を通じてやってみたいと感じた診療科

今のまま小児科ですね。

働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】