東京都に住む看護師経験7年の井上遊里さんの実態|働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】

:の紹介ページ


井上遊里さんの勤務先について

井上遊里さんが働く「むさし耳鼻咽喉科」

中耳炎や副鼻腔炎の治療と手術を行っています。難治性の場合、入院期間は1週間ほど。軽いものでしたら、日帰り手術も可能です。検査も、カロリック検査や、前庭誘発筋電位検査なども取り入れ、良好な治療成績へとつなげています。

常勤(日勤のみ)を選んで良かったところ

私の場合、子どもがまだ小さく、保育園に行っている間だけの勤務をさせてもらっています。勤務スタイルに理解を示して頂ける職場で、本当に感謝ですね。

常勤(日勤のみ)の懸念点

人間関係ですね。自分自身がシフト面で融通を聞いてもらっているということは、他のスタッフに迷惑をかけてしまっている……ということなのです。それを忘れず、常に感謝の気持ちを表すことが必要。そうすることで、人間関係も良好にいくのではないでしょうか。

職場の雰囲気

和やかな雰囲気ですよ。

井上遊里さんが思う、来てほしい人材

患者さまの人格を尊重する看護の出来る方でしょうか。相手の立場に立って考える、これが重要なのです。

井上遊里さんの看護師歴に関して

看護師をはじめるまで

バイトに明け暮れていましたね。

7年の経験で培ったもの

コミュニケーション能力だと感じます。特に子供の患者さんもかなり来られるので、その対応の経験を重ねることで培われたんだと思います。

最近のやりがい

経験を積み、自分一人で判断しても良いことが増えてきたことですね。

今後の未来像

近い将来、指導する立場に立つのが夢です。

7年の経験を通じてやってみたいと感じた診療科

やはり耳鼻咽喉科です。7年もしているので、他の診療科へ移るとなるとかなり抵抗がありますね。

働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】