大阪府に住む看護師経験7年の篠田芳江さんの実態|働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】

:の紹介ページ


篠田芳江さんの看護師歴に関して

看護師をはじめるまで

私は看護師を始める前はコンビニでずっとバイトをしてきました。来る日も来る日もレジ打ち、商品整理、たばこの品出しなどをやって過ごす毎日で段々疲れてきたんです。専門性のある仕事に就きたいと言う気持ちが日に日に強くなっていきました。そんな事を考えていたある日、久しぶりに高校時代の友人と再会したんです。その時にその友人が看護師をしていて月に30万円も稼いでいることを知りました。その時私の月収は10万ちょっとです。実家暮らしで無ければとてもやっていけません。私も実家での生活に嫌気が差していて家を出て一人暮らしをしたいと思っていたんですが、お金が無くてできませんでした。こんな情けない毎日を過ごしていていいわけがないと心に決め、親に相談して看護学校に通わせてもらう事にしたんです。ものすごく大変な毎日でしたが友達も増え、一緒にがんばる同期がいたので乗り切ることが出来ました。

7年の経験で培った看護師の仕事

看護の仕事は本当に大変です。特に患者様とのコミュニケーションは今でも苦労します。気難しい患者様は本当にやっかいです。今いる男性の入院患者様で本当にうっとうしい人がいるんですが、看護師内の評判が非常に悪く、「七三メガネゴリラ」と呼ばれています。その人の担当に運悪くなってしまい、苦労しましたが頑張ってなんとか退院まで担当することが出来ました。7年間の経験があったからこそ担当しきる事が出来たと思います。

働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】