和歌山県に住む看護師経験4年の元町大蔵さんの実態|働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】

:の紹介ページ


元町大蔵さんの勤務先について

元町大蔵さんが思う来てほしい人材

パート職員にとって仕事はそこまで重要なものではありません。私にとっては家の家事の合間をぬってやるものなので、そこまで重要な役割を病院から求められても困ってしまいます。つかず離れずの距離感が大切だと思うんですが、勤めた期間が長くなり後輩も増えてくるとそうも言えない状態になります。しかし、優先すべきは子供と家庭なのでその比率が逆転してしまって子どもの事や家事が疎かになってしまうと困るんです。ですのでより多くの優秀なパートの方が増えてほしいと思いますね。せめてシフトに余裕が出来てくれば上のポジションになってもそこまでの出勤を求められることはありません。逆に人が少ないとどうしても出てほしいと頼まれると長年の付き合いもありますから無下にはできないんです。こうなってくると困りものなので即戦力となる経験豊かなパートの方が来てほしいですね。

元町大蔵さんの看護師歴に関して

看護師をはじめるまで

私は看護師なる前弁護士の資格を取る為に勉強していました。しかし、弁護士と言う仕事は口が達者でなければ務まりません。しかも激務です。私はそんなに働きたくなかったので弁護士の資格を取るのはやめる事にしたんです。口下手でも出来る安定した仕事がしたくて看護師の資格を取りました。

働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】