和歌山県に住む看護師経験4年の六甲在太さんの実態|働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】

:の紹介ページ


六甲在太さんの看護師歴に関して

最近のやりがい

最近は子供と話をすることがやりがいですね。子どもは病院に連れて来られた時点で非常に怯えています。確かに私もアルコール消毒液の匂いが怖かったなと思い返す事が多いです。そういった病院に対して恐怖感を持っている子供に気さくに話しかけて病院は怖くないと思ってもらうのが看護師の使命だと思っているんです。そうすることで子供からのヒアリングも落ち着いて出来るため診察がよりスムーズになるんです。看護師がそういった役目を負う事で医師の負担を劇的に減らすことが出来ます。

今後の未来像

看護師の仕事はとてもやり甲斐に感じる事が多く毎日充実して勤務しています。ただ、その中で考える事も多く今後はまた違う所で活躍したいと思っています。実は私は看護師を目指す前は学校で働きたいと思っていたんです。日本の将来を担う学生と日々切磋琢磨して自分も成長していきたいと思っていました。ですので私はもっと経験を積んで学校の保健室の先生になりたいと思っています。必要な資格は持っているのであとは実務経験を積んで自分に自信を付けたいと思っています。今も小児科で子供と触れ合う機会が多くとても充実しているので、今の仕事に対するスキルをより磨いていってがんばります。

働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】