奈良県に住む看護師経験5年の甲南山代さんの実態|働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】

:の紹介ページ


甲南山代さんの看護師歴に関して

看護師をはじめるまで

看護師を始めるまでは暴走族をやっていました。といってもその辺にいるような迷惑行為をするだけの集団と一緒にしていただいては困ります。地元の道を誰よりも愛し夜の闇の中を疾走する事を生きがいにした正義の暴走族です。昼間はゴミ拾いなどもして地域に貢献していました。ゴミ拾いの時も気合を入れて特攻服でやっていたんですが、何故か通報されたこともあります。奈良県を愛して暴走していた私は最高に輝いていたと思っています。そういった生活を何年も続けていたんですが、ある日老人の方と接触事故を起こしてしまったんです。事故自体は大したことなく示談で解決したんですが、奈良県の宝ともいえるご老人を危険な目にあわせてしまった負い目からその方の家によく通いお世話をするようになりました。その方と触れ合ううちに介護の必要さを感じるようになり、訪問介護の仕事を始めたんです。1年ほど続けた時に父から看護師の資格をとったらどうだと言われ、より地域に貢献したいという気持ちから学校に通い始めたんです。その時すでに35歳で周りは若い子たちばかりで完全に浮いていました。しかし、頑張って場に馴染むことを覚え看護師の資格も無事に取得して仕事を始めました。

働く看護師に聞く実態調査サイト【hear kan】